リッコひかり子どもの家

モンテッソーリ教育で導きます

マリア・モンテッソーリ氏が医学の視点から導き出したこの教育はお子様の脳・身体の発達だけでなく、心の動きにも着目し一人ひとりの個性に合わせて体と心の発達を促していく教育です。
私たちの園は、日本モンテッソーリ教育資格を持った指導者の管理のもと、保育教育・環境整備を行っていくため、しっかりとした理論に基づいた教育を行うことが可能となります。

また、脳科学的視点から、お子様がどんな傾向が強いのか、個性の大体の枠組みがわかり、モンテッソーリ教育を行うことによって、子どもが生まれながらに持っている個性をいち早く見つけやすくなります。

この教育を小さい時から行ってきた著名人はGoogle創業者のラリー・ペーシ、セルゲイ・ブリンやAmazonの創立者ジェフ・ベゾフやビル・ゲイツ、そして日本では藤井聡太棋聖など多くいらっしゃいます。

この方々たちは、小さい頃から、自分の才能をしっかりと育てることができた証といえます。

左脳のトレーニングの重要性について

左脳の動きを高め、その後の右脳の活動をすることによって記憶力や集中力が高まります。
モンテッソーリ教育にプラスして左脳を動かす活動を併用して行っていきます。
脳トレをすることによって、今以上の記憶力や集中・吸収力を高めることができ、
その後に行うモンテッソーリ教育の活動が早く吸収することができるため、獲得も早くなります。

お子様の特性は、産まれてから作るものではなく、命を授かった時から一人ひとりが持っている宝です。
その宝を早い段階で見つけることによってお子様の成長は大きく変わっていきます。
個性が大きく成長する時期は乳幼児期と言われています。
この時期にどのような教育、どのような環境で過ごしたかによって、
お子様の成長の度合いは大きく変わっていくため、幼い頃からの脳トレーニングは重要と言えます。

また、横割りの活動(年齢別活動)も行っていきます。

五感で食育に触れていきます

日々の活動の中で、食事を通し、マナーや行儀を学ぶ機会を設けています。
私たちの園では、食事の支度や片付けなど、お子様とともに行っていきます。
準備では、お子様の月齢によって参加する形は変わります。
1歳児の小さなお子様でもしっかりと参加し、幼い頃から、食卓の準備を経験することができます。
また、準備をすることによって、食事に必要なものを知り、
配置や食べ方などのマナーも一緒に学んでいくことができます。

また、その季節に合わせての食材の提供を行っています。
季節の食べ物に触れることによって、お子様達は五感から情報を吸収します。
そのものを目で認識し言葉でそのものを表現し、匂いをかぎ、
どのような感触か、感覚を通して知っていきます。
そして、それを食すことによって、味を知り、味覚からそのものを把握していきます。

一人でするのを手伝ってね

〈モンテッソーリ教育活動〉発達段階に応じて、モンテッソーリ教育特有の教具を提示することで、五感や集中力を養い、自分でできる達成感や自信を持つことができます。

〈英語〉英語の先生がお子様一人ひとりに英語で話しかけたり、みんなで英語の歌を歌ったりします。園生活の中で自然に楽しく英語に親しめるようになります。

〈絵画・工作〉季節の製作物をお友達と一緒に作って楽しみます。

〈リズム・ダンス〉キーボードのリズムに合わせて跳んだり走ったり、ゆっくり歩いたりみんなで体を動かして、リズム遊びをします。体操もお子様達に人気で、笑顔いっぱい楽しんでいます。

〈習字〉2歳半のお誕生日を迎えたお子様は、毛筆での習字を先生と一対一で楽しく練習します。

〈クッキング〉1歳児の小さなお子様にも、簡単なクッキングをご用意させていただいております。幼い頃からの経験と、日々の生活の中で教具から培われた、観察力や予測、記憶、集中を使ってクッキングを行うお子様の姿は、大人顔負けです。